BikeJIN/培倶人 2017年11月號 Vol.177 【日文版】

BikeJIN/培倶人 2017年11月号 Vol.177

  • 出版日期:2017/09/30
  • 語言:日文
  • 頁數: 290
紙本書定價:NT$ 266
電子書售價:NT$ 181
暢讀包
人氣暢讀

本書為固定版面格式,建議您使用平板或電腦閱讀。

此雜誌目前尚未開放訂閱。

騎摩托車悠遊(旅行)的專門雜誌。刊載遊覽日本各地之路線介紹與美食資訊、摩托車最新情報‧服裝等資訊等的月刊雜誌。

相關推薦

  • MEN’S CLUB 2019年12月號 【日文版】

    電子書售價:NT$ 220

    普遍的かつ時代をとらえた、まとえば誰でも名優になれるそんなアウターを小誌は「ジェンツ・アウター」と命名! トラッドを出自とした普遍的なデザイン、そこに軽さやゆとりといった時代感を反映した一着なら、ビジネスからキャンプまで、大人のあらゆるシーンに寄り添ってくれます。

  • 2nd 2019年12月號 Vol.153 【日文版】

    2nd 2019年12月號 Vol.153 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    2nd 2019年12月號 Vol.153 【日文版】

  • 25ans 2019年12月號 【日文版】

    電子書售價:NT$ 220

    12月は、一年で一番のドレスアップのチャンス! ドレスコード別に、きらびやかでロマンティックなゴージャスGIRLのドレスと、スタイリッシュなキャリアGIRLのドレスをリストアップ! パーティ小物、Q&A、伝説のグローバルなパーティ情報まで…、ドレスアップについての全てをお届けします。

  • 周刊巴爾幹No.45:挪威鱈魚香絲的原鄉

    電子書售價:NT$ 135

    本週主題:挪威鱈魚香絲的原鄉 貓咪跟我搬家到三芝 失蹤三天三夜 終於回來了 臉上五個抓痕 連皮帶肉 背上和肚子多處去皮露骨 胖嘟嘟的貓咪骨瘦如柴 我看了心疼 打算在院子放一個小碗餵野貓 貓兒專家說:「千萬不可! 萬萬不可!」 To feed or not t...

  • 周刊巴爾幹No.46:使鹿的「國家」薩米人

    電子書售價:NT$ 135

    本週主題:使鹿的「國家」薩米人 薩米人(Sami People)有自己的國旗、國會、電視臺,只是沒有國界。 薩米人住在北極圈內,從俄國到挪威都有,這是歐陸上非常古老的民族,有自己的語言,他們的歌曲也是歐洲最古老的音樂之一。

  • 双河彎 生活.閱讀誌 2013年7月號:文具控的異想世界

    電子書售價:NT$ 69

    【文具控的異想世界】 小學時,拿著少少的零用錢,總是猶豫著要買零嘴吃,還是去文具店買那支心儀好久的自動鉛筆;外殼圖紋是當紅的卡通,垂著好可愛的吊飾。大部分的人對文具的美好記憶都是來自童年,長大之後,有人鮮少使用文具;有人仍沉迷在文具世界,成為貨真價實的文具控。他們的收藏令人讚嘆,同時驚訝於文...

  • 双河彎 生活.閱讀誌 2014年11月號:那些有手帳的日子

    電子書售價:NT$ 69

    【那些有手帳的日子】 每年都是如此,乒乒乓乓的打過上半年、稀哩呼嚕的度過下半年,順著年歲增加,記憶的不可考愈來愈明顯,還好,隨手在手邊那本小本子裡記下的瑣事,尚可供我們日後翻閱回味,不管你是記的華麗或者清淡,都是過日子。 二0一四年只剩下兩個月,你記得今年吃過哪頓飯最有味道、哪次出遊特別...

  • 双河彎 生活.閱讀誌 2015年2月號:在宇宙中心呼喊文具

    電子書售價:NT$ 69

    【在宇宙中心呼喊文具】 每一天寫字的時間就這麼一點,我們或許習慣隨便拿支廣告原子筆、便條紙就開始寫了,不過你是否曾想過文具也是生活的一部分?我們會希望買舒適雅致的家具來點綴小窩,那麼隨手用的筆、尺和記事本呢?如果是曾經用心挑選過適切的、或者每次用它都忍不住莞爾一笑的,於是會開始記得好好寫字、好好紀...

  • 小日子享生活誌 11月號/2015 第43期:一個人的暖食風景

    電子書售價:NT$ 90

    一個人的小日子生活學 這期小日子以「一個人暖食」作為封面企劃主題,某種程度我們向村上的「孤獨學」致敬,並進行更生活層面的觀察,我們稱為「小日子生活學」。 藉由探訪各個獨食的例子,我們觀察到每個獨食者從行前準備、挑選食物/食材/店家、烹飪的步驟執行等,都慎重如儀式般仔細。跟別人一起吃飯,多的是席間...

  • 趣味的文具箱 Vol.42 【日文版】

    電子書售價:NT$ 363

    日本の万年筆はすばらしい! 手で書くこと、書く道具としての文房具の魅力を発信するムック「趣味の文具箱」。42号では「日本の万年筆」を特集します。日本人は、作り変える力に優れています。万年筆は19世紀に欧米で生まれたもの。その追走からスタートし、およそ100年が経過した現在、日本の万年筆は別次元...

  • Discover Japan 2017年11月號 Vol.73 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    この秋行きたいのは船旅? 列車旅? アート旅? それとも紅葉の旅? 空高く、旅心をくすぐる秋がやってきました。この10月、日本の新しい旅のスタイルや目的地が続々登場しています。

  • ELLE gourmet No.15 【日文版】

    電子書售價:NT$ 250

    今、グルメ界ではチーズの周辺がとてもにぎやか。今号はそんな愛されキャラのすべてを大解剖! 絶対食べておきたいチーズ料理&スイーツのトレンドに、チーズ好きなら知っておきたい注目の銘柄、そして、ちょっとマニアックな魅力に関する研究まで、全力の愛を込めてお届けします。

  • BiCYCLE CLUB 2019年12月號 No.416 【日文版】

    電子書售價:NT$ 181

    BiCYCLE CLUB 2019年12月號 No.416 【日文版】

  • flick! 2019年11月號 Vol.97 【日文版】

    電子書售價:NT$ 60

    flick! 2019年11月號 Vol.97 【日文版】

  • MODERN LIVING No.247【日文版】

    電子書售價:NT$ 480

    住み手の家族構成や趣味嗜好、職業、さらに敷地の法的な規制や周辺環境、すべての条件に純粋に応えようとして設計したのなら、家は一様になるはずがありません。唯一無二の居場所をつくってほしいから、ライフスタイルありきの個性的な住宅実例を集めました。

  • Discover Japan 2018年7月號 Vol.81 【日文版】

    電子書售價:NT$ 212

    そろそろ夏休みのこの時期、夏を満喫するためにオススメの名宿とリゾートを紹介いたします。  

  • Discover Japan 2018年5月號 Vol.79 【日文版】

    電子書售價:NT$ 212

    昨年の「GINZA SIX」オープンに象徴される銀座の再開発を筆頭に、渋谷、丸の内、日比谷など、東京都内では、2020年に向けて様々なエリアで新陳代謝が進んでいます。 古より、あらゆるジャンルにおける情報発信地として機能し続ける東京。日々、さまざまな情報がアップデートされ、常に最先端に触れることが...

  • MEN’S CLUB 2019年11月號 【日文版】

    電子書售價:NT$ 220

    舶来品がまだ珍しかった頃から、メンズクラブはアメリカのファッションと文化を、いち早く日本に紹介してきました。そんな小誌65年の歩みをファッション業界、イラストレーターのそうそうたる顔ぶれにお話を伺いました。 ファッションストーリーは、アイビー発祥の地であり、トラッドな薫りを今に残すNYが舞台。今の...

  • ELLE 2019年10月號 【日文版】

    電子書售價:NT$ 180

    私たちを魅了してやまない愛すべき街、パリ。歴史が物語る美しさをエスプリに、ますますシックに進化する憧れの街を徹底解剖! おしゃれなパリジェンヌブランド、ヴィンテージショップでお宝探し、コスパ最高なお気軽ビストロなど、パリの最新情報をお届けします。

  • CLUB HARLEY 2019年11月號 Vol.232 【日文版】

    電子書售價:NT$ 181

    永久保存版! 今さら聞けない100個のノウハウを一挙に紹介!

  • 25ans 2019年11月號 【日文版】

    電子書售價:NT$ 220

    定番ワードローブのエッセンシャルに欠かせないニットが、この冬は主役級アイテムとしてカムバック。 ブラウス感覚で着こなすシンプルなニットや、ディテールまでこだわったクチュールニット、あらゆるシーンに対応できるニットワンピース…着るだけで自信が持て、輝きを育んでくれる旬のニットをさっそく手に入れて。

  • buono 2017年9月號 【日文版】

    電子書售價:NT$ 272

    料理と食を楽しむオトコのためのフードエンターテイメントマガジン「buono」。今号の特集は出汁の一滴から始まる和食の世界。基本のきである出汁の知識や、本当に美味しい出汁の引き方、プロフェッショナルな出汁の使い方をはじめ、カジュアルなものからオーセンティックなものまで、本当に美味しい和食の情報を盛り込...

  • 趣味的文具箱 Vol.44 【日文版】

    電子書售價:NT$ 363

    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。毎年3・6・9・12月に発刊しています。 44号の特集は「インク沼へ、ようこそ!」。今、文房具の世界では万年筆インクが人気です。底なしの沼のようなインクの楽しみを、万年筆ファンは「インク沼」と呼び、無限...

  • 詳細書訊

    巻頭特集「行こうぜ!九州」
    ライダーに大人気のツーリングエリア・九州。今号ではそんな九州のツーリング情報を約90ページ程度の大ボリュームでお届けします!

    毎年恒例で行われる本誌の絶景道ランキング。その上位を阿蘇のミルクロード、パノラマライン、やまなみハイウェイが占めており、多くのライダーが阿蘇に行きたいと考えています。また、阿蘇以外にも九州には桜島や長崎・生月島など人気エリアが話題を呼んでいます。
    九州ツーリングといえば、本州からであれば距離があるため、「そもそも休みが取れない」「予算がない」などといったネックもありますが、最近ではフェリーの充実、LCCやレンタルバイク店の普及により、さまざまな方法で九州ツーリングを楽しむことが可能になってきています。

    また、昨年の熊本地震により、阿蘇へのアクセスは迂回ルートを通る形となっていましたが、この8月27日に長陽大橋が開通。阿蘇へのアクセスがほぼ以前の形になることで、ライダーにとっても訪れやすくなります。まだ阿蘇ツーリングに足踏みをしている方もいるかと思いますので、少しでも阿蘇を応援できるよう、10月7日(土)に開催されるBikeJIN祭り@熊本・HSR九州と合わせて、阿蘇ツーリングの魅力を大ボリュームで行っています。また、阿蘇の絶景ロードを大迫力でお届けするためにドローンによる空撮も敢行。空中、地上と2つの視点で阿蘇の定番ルートをご紹介します。

    ※電子書版本與紙本雜誌的內容會有一部分不同。
    有時電子書會不包含紙本上所刊載的封面或是目錄上的文字、圖片、廣告、附錄。另外,本期雜誌刊載的資訊,原則上為版權頁上所標示的出版日期當時的資訊。

    ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

    目錄列表

    最近瀏覽與試讀
    BikeJIN/培倶人 2017年11月號 Vol.177 【日文版】