2nd編集部
  • 2nd 2019年1月號 Vol.142 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    2nd 2019年1月号 Vol.142

  • 2nd 2018年12月號 Vol.141 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    履き込むほどに刻まれるアッパーのシワ、予期せずつく傷や擦れ。毎週末のお手入れが生んだ光沢。ともに過ごした時間の分だけ見せてくれる深い味わいを、愛でられるのは革靴好きの証拠。ファッション業界に身を置く先輩と後輩に、お互いの革靴に関する趣味嗜好や思い出話に花を咲かせてもらいました。さらに、とびきり自慢の...

  • 2nd 2018年11月號 Vol.140 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    ファッション熱高まるシーズンの到来に合わせて、いままた注目を集めているのがアイビースタイルです。それはハーバード大やイェール大といった、アメリカの名門私立8大学のスタイルをファッションとして捉えたもので、スクールカラーを中心とした多彩な色使いと、アイコンとなる代表的アイテムを使ったポップでありながら...

  • 2nd 2018年10月號 Vol.139 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    第1特集では、トラッド好きなファッション業界人の「自慢の愛用品」をお届け。その品を手にしたきっかけや使い続けたからこそ見出した魅力など、アイテムに込められた愛情たっぷりのストーリーとともにプロダクトの話を教えてもらいました。  

  • 2nd 2018年9月號 Vol.138 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    第1特集、「いまどきトラッドの作り方」では、ファッション業界人にトラッドのアイコンとなるアイテムについて教えてもらったり、お手本となるコーディネイトをご紹介。知っているだけでちょっとした自慢になる知識が満載です。 第2特集は、「おうちリゾート」。実際に行くのは大変なので、家の内装を変えちゃいましょ...

  • 2nd 2018年8月號 Vol.137 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    今回の第1特集は、オールデン。アメリカントラディショナルにハズせない、その魅力を大解剖します。オールデンの歴史から、ラストや製法の解説、名作モデルの紹介といった、教科書的な使い方のできるページが満載。また、日本の輸入総代理店であるラコタハウス 青山店や、コードバンの磨き方講座、マニアックな別注も多数...

  • 2nd 2018年7月號 Vol.136 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    手軽に品よく見せるなら、 夏こそ、革靴。 暑さゆえ、ラフな着こなしに逃げがちなサマーシーズンの到来ですが、 大人としての威厳をもってスマートに夏を乗り越えたいところでもあります。 とはいえ、我慢なんてしたくもありません。 だとしたら答えはひとつ、革靴を履けばいいんです。 革靴が本来も...

  • 2nd 2018年5月號 Vol.134 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    お洒落なアノ人は足下にも抜かりないとは、いつも思っていましたが、さてさて、いったいどんな靴を持っている? そんな素朴なギモンがわいて、「貴方の下駄箱みせていただけますか?」と、直球で聞いていました。すると誰もが憧れる王道から、レアもの、思い入れの高い一足など、やはり洒落者の靴は興味津々のラインナップ...

  • 2nd 2018年4月號 Vol.133 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    どうしてこんなにもパタゴニアが好きなんだろう? 独特の配色や憧れの人がカッコよく着ていたからとか、はたまた企業姿勢であったり、理由はそれぞれあるけれど、ファションリーダーにもパタゴニア愛用者は多いのです。そこで多くの業界人にスナップで愛用アイテムを披露していただき、お気に入りの理由を語っていただきま...

  • 2nd 2018年3月號 Vol.132 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    ヘビーデューティとして語られるウエアには、街中で着るにはオーバースペックだとしても、はたまた自分がアウトドアマンじゃなくても、そのホンモノのクオリティに感じ入ってしまうもの。 今月号の「2nd」は、街でも活躍する、ヘビーデューティファッションをボリュームたっぷりでお届けする。 ファッション業界人...

  • 2nd 2018年2月號 Vol.131 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    好きなものってついつい集めちゃう……そして「あんたもほんとスキねぇ」なんて言われてしまうのです。好きなものを集め続けたらこうなっただけで、蒐集家というわけではない。そんな“スキモノ”たちが惚れ込み、一途に集め続けたコレクションを大公開します! 洒落者たちのお眼鏡にかない集まったアイテムたちは圧巻で、...

  • 2nd 2018年1月號 Vol.130 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    2017年も、そろそろ第4コーナー。総決算の季節となりました。果たして今年、皆さんはどんな服やモノを手に入れましたか? 今月号の「2nd」も今年の総決算として、業界のお洒落自慢な方々が、今年どんなものを買ったか、そしてこれから(今年頑張ったご褒美として!?)どんなものに触手が伸びているのかを大調査し...

  • 2nd 2017年12月號 Vol.129 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    新しいトレンドは気になるし、目新しいデザインにもハッとなる。けれど、いまや生活の一部である、愛用の服やアイテムは、流行も時代も関係なく、ただ自分にとって心地良いものですよね。今回の特集は、ないと困る服やいつも使うモノなど、言うなれば“常備服”。強い愛着やこだわりがたっぷりと詰まった常備服、業界人の方...

  • 2nd 2017年10月號 Vol.127 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    今月の特集は“古着”。ただ、ヴィンテージとは違って、比較的新しい“レギュラー古着”。お洒落な人ほど日常に古着を活用している。古着ならではの味やヤレ感が着こなしを上級者に見せたり、お目当てのアイテムがリーズナブルに手に入ったりと、イイコトづくめなのだ。これまでに古着を取り入れたことのなかった人も、そろ...

  • 2nd 2017年9月號 Vol.126 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    1週間ずっとカジュアルウエアで過ごす業界人たち。彼らがふだん、どんな格好をしているのかを見てみたい。だって一度っきりのスナップならば瞬発力でこなせますが、ワードローブを組み合わせ、毎日魅せるコーデができるのは持久力でしょ? そんな人こそ、真のお洒落だと思うわけです。アイウエアを主役にしたスタイリング...

  • 2nd 2017年8月號 Vol.125 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    春が過ぎ、夏の訪れを感じられるようになりました。暑い日もあれば肌寒い日もあり、一体どんな格好をすればいいの?というこの季節。最小限のアイテムでどう組み合わせていくか、という、実はいちばんセンスが問われる時期でもあります。 ※電子書版本與紙本雜誌的內容會有一部分不同。 有時電子書會不包含紙本上...

  • 2nd 2017年7月號 Vol.124 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    【特集】 カジュアルファッション 今季の話題100 いま気になるトピック100ネタ集めました。 別注アイテム、Tシャツ、ジャケット、サンダル、テニス、セレクトショップ……。 貴方をお洒落にしてくれるかもしれない「あ、いいかも!」な話題を集めてみました。 これをどうやって自分に取り入...