Lightning 2017年12月號 Vol.284 【日文版】

Lightning 2017年12月号 Vol.284

  • 出版日期:2017/10/30
  • 語言:
  • 頁數: 276
紙本書定價:NT$ 266
電子書售價:NT$ 181
暢讀包
人氣暢讀

本書為固定版面格式,建議您使用平板或電腦閱讀。

此雜誌目前尚未開放訂閱。

一見自由に見える革ジャンにも、レッキとした“ルール”が存在する。着こなしのルール、そして作り手のルール……。たしかに「革ジャンは自由だ」とよく言われる。映画の中では、レザージャケットをさらりと羽織った主人公が自由を求めて旅に出てたし、ロックミュージシャンはライダースを着て自由を叫んでいた。では、何故彼らがあんなにカッコいいか。それは、彼らが自らのルールに従って革ジャンを着ているから。まさにそれが“スタイル”に他ならない。新作のレザージャケットが世を賑わすこの季節、革ジャンをクールに着こなす男たち、そして革ジャンを生み出す男たちの、“スタイルのある”ルールを紐解いていく。そして巻末では、“枯れた金属”をフィーチャー。見る人によってはガラクタ同然かも知れないが、僕らにとってはワクワクする宝物だ。そんな独特の趣を楽しめるメタルプロダクツを、身の回りにあるインテリアからビークル、そしてアクセサリーに至るまでいろいろ探してみた。そして特別企画として、ビークルやモーターサイクル、サーフをベースにオリジナリティのある楽しみ方をしている人たちや、先日バリで開催されたデウスのイベント「Slidetober Fest」をレポートしながら、遊びの達人たちから人生の楽しみ方を教えてもらう。さらに稲妻フェスティバル2017オフィシャルガイドブック付き。今号は増ページでお届け!

※電子書版本與紙本雜誌的內容會有一部分不同。
有時電子書會不包含紙本上所刊載的封面或是目錄上的文字、圖片、廣告、附錄。另外,本期雜誌刊載的資訊,原則上為版權頁上所標示的出版日期當時的資訊。

※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

相關推薦

  • 2nd 2018年2月號 Vol.131 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    好きなものってついつい集めちゃう……そして「あんたもほんとスキねぇ」なんて言われてしまうのです。好きなものを集め続けたらこうなっただけで、蒐集家というわけではない。そんな“スキモノ”たちが惚れ込み、一途に集め続けたコレクションを大公開します! 洒落者たちのお眼鏡にかない集まったアイテムたちは圧巻で、...

  • 趣味的文具箱 Vol.42 【日文版】

    電子書售價:NT$ 363

    日本の万年筆はすばらしい! 手で書くこと、書く道具としての文房具の魅力を発信するムック「趣味の文具箱」。42号では「日本の万年筆」を特集します。日本人は、作り変える力に優れています。万年筆は19世紀に欧米で生まれたもの。その追走からスタートし、およそ100年が経過した現在、日本の万年筆は別次元...

  • CLUTCH Magazine 2017年12月號 Vol.58 【日文版】

    電子書售價:NT$ 212

    今欲しいモノ、知りたいコト。 アウターにニット、デニム、ブーツ。ファッションが楽しい季節が今年もやってきた。街を歩けば、誘惑ばかりだ。まず気になるのはレザーアイテム。表紙を飾ったSchottのワンスターを見ていると、キリっと襟を立ててダブルライダースが着たくなってくる。続くレザージャケットスナ...

  • Discover Japan 2017年11月號 Vol.73 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    この秋行きたいのは船旅? 列車旅? アート旅? それとも紅葉の旅? 空高く、旅心をくすぐる秋がやってきました。この10月、日本の新しい旅のスタイルや目的地が続々登場しています。

  • 2nd 2017年12月號 Vol.129 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    新しいトレンドは気になるし、目新しいデザインにもハッとなる。けれど、いまや生活の一部である、愛用の服やアイテムは、流行も時代も関係なく、ただ自分にとって心地良いものですよね。今回の特集は、ないと困る服やいつも使うモノなど、言うなれば“常備服”。強い愛着やこだわりがたっぷりと詰まった常備服、業界人の方...

  • 趣味的文具箱 Vol.44 【日文版】

    電子書售價:NT$ 363

    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。毎年3・6・9・12月に発刊しています。 44号の特集は「インク沼へ、ようこそ!」。今、文房具の世界では万年筆インクが人気です。底なしの沼のようなインクの楽しみを、万年筆ファンは「インク沼」と呼び、無限...

  • buono 2017年9月號 【日文版】

    電子書售價:NT$ 272

    料理と食を楽しむオトコのためのフードエンターテイメントマガジン「buono」。今号の特集は出汁の一滴から始まる和食の世界。基本のきである出汁の知識や、本当に美味しい出汁の引き方、プロフェッショナルな出汁の使い方をはじめ、カジュアルなものからオーセンティックなものまで、本当に美味しい和食の情報を盛り込...

  • 趣味的文具箱 Vol.43 【日文版】

    電子書售價:NT$ 363

    良い紙で書きたい! 手で書くこと、書く道具としての文房具の魅力を発信するムック「趣味の文具箱」。42号では「日本の万年筆」を特集します。日本人は、作り変える力に優れています。万年筆は19世紀に欧米で生まれたもの。その追走からスタートし、およそ100年が経過した現在、日本の万年筆は別次元の高みに...

  • 日本聰明好生活──打掃與收納

    電子書售價:NT$ 212

    本書では、日々を丁寧に、積極的に生きる読者のため、身近にある日々の道具や衣類、インテリアに向き合い、その正しいお掃除術を紹介。その道のプロフェッショナルに取材をしながら、美しいビジュアルとわかりやすい場面写真で、丁寧にわかりやすい解説していきます。加えて、家じゅうのモノの正しい収納方法を網羅しながら...

  • Lightning 2018年1月號 Vol.285 【日文版】

    電子書售價:NT$ 181

    寒くなると服をたくさん着込むため、服好きにとって冬は最もファッションで遊べる季節かもしれない。レイヤードを楽しんだり、ヘビーアウターとボトムスの関係で悩んでみたりと、コーディネイトや欲しいモノをあれこれ考えるだけでも楽しい。今号ではそんな服好きたちの心をザワつかせるべく、自身のスタイルを貫くショップ...

  • ELLE gourmet No.06 【日文版】

    電子書售價:NT$ 250

    京都グルメにまつわる新伝説――、地元のおいしいもの好きなフーディーの間でささやかれている、おいしいウワサを集めました! 「話題の店は、路地裏に」「運が良くないと買えない最強スイーツ」などなど、とっておきの新しい味、新しい食体験をお届け!

  • BikeJIN/培倶人 2017年12月號 Vol.178 【日文版】

    電子書售價:NT$ 181

    2002年10月末に創刊号が発売された培倶人(BikeJIN)が、お陰様で11月1日発売号で15周年を迎えました。 そんなメモリアルな今号では、これまで応援してくださった皆さまに感謝の気持ちを込めて、超特大号でお応えします! これからも、BikeJINはバイクライフを応援するメディアとして、バイ...

  • BikeJIN/培倶人 2017年11月號 Vol.177 【日文版】

    電子書售價:NT$ 181

    騎摩托車悠遊(旅行)的專門雜誌。刊載遊覽日本各地之路線介紹與美食資訊、摩托車最新情報‧服裝等資訊等的月刊雜誌。

  • ELLE gourmet No.05 【日文版】

    電子書售價:NT$ 250

    今のイチオシは“詰め込み弁当”。仕切りなしで色とりどりのおかずをギュッと詰め込んだスタイルです。まるでフラワーボックスのようなビジュアルはもはやエンタメ級! フーディーの圧倒的支持を集めるその実態は?

  • 2nd 2017年7月號 Vol.124 【日文版】

    電子書售價:NT$ 151

    【特集】 カジュアルファッション 今季の話題100 いま気になるトピック100ネタ集めました。 別注アイテム、Tシャツ、ジャケット、サンダル、テニス、セレクトショップ……。 貴方をお洒落にしてくれるかもしれない「あ、いいかも!」な話題を集めてみました。 これをどうやって自分に取り入...

  • Lightning 2017年9月號 Vol.281 【日文版】

    電子書售價:NT$ 181

    バンといえば仕事用のクルマや、家族で出かけるためのワンボックスカーをイメージする人も少なくない。以前は人や荷物をたくさん積むためだけを目的として無個性なバンも多く見かけたが、最近は趣味や遊びを謳歌している人ほど、スタイルの一環として、欧州車やアメリカ車など自分らしいバンを選ぶ傾向にあるようだ。今回は...

  • 詳細書訊

    一見自由に見える革ジャンにも、レッキとした“ルール”が存在する。着こなしのルール、そして作り手のルール……。たしかに「革ジャンは自由だ」とよく言われる。映画の中では、レザージャケットをさらりと羽織った主人公が自由を求めて旅に出てたし、ロックミュージシャンはライダースを着て自由を叫んでいた。では、何故彼らがあんなにカッコいいか。それは、彼らが自らのルールに従って革ジャンを着ているから。まさにそれが“スタイル”に他ならない。新作のレザージャケットが世を賑わすこの季節、革ジャンをクールに着こなす男たち、そして革ジャンを生み出す男たちの、“スタイルのある”ルールを紐解いていく。そして巻末では、“枯れた金属”をフィーチャー。見る人によってはガラクタ同然かも知れないが、僕らにとってはワクワクする宝物だ。そんな独特の趣を楽しめるメタルプロダクツを、身の回りにあるインテリアからビークル、そしてアクセサリーに至るまでいろいろ探してみた。そして特別企画として、ビークルやモーターサイクル、サーフをベースにオリジナリティのある楽しみ方をしている人たちや、先日バリで開催されたデウスのイベント「Slidetober Fest」をレポートしながら、遊びの達人たちから人生の楽しみ方を教えてもらう。さらに稲妻フェスティバル2017オフィシャルガイドブック付き。今号は増ページでお届け!

    ※電子書版本與紙本雜誌的內容會有一部分不同。
    有時電子書會不包含紙本上所刊載的封面或是目錄上的文字、圖片、廣告、附錄。另外,本期雜誌刊載的資訊,原則上為版權頁上所標示的出版日期當時的資訊。

    ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

    目錄列表

    最近瀏覽與試讀
    Lightning 2017年12月號 Vol.284 【日文版】